Oracle 8i Oracleのアンインストール(必殺完全版)

Oracle 8i アンインストール

通常Oracleを削除するには、「Universal Installer」を使用します。
しかしこのInstallerや一部の情報はパソコン内に残って削除することは出来ません。
又、インストール中のエラーなどが原因で、削除自体も正常に行えないケースもあります。
このような場合、手動で作業することにより完全にアンインストールすることが出来ます。

作業には、レジストリーの直接操作が含まれています。
念のためレジストリーのバックアップをお勧めします。

削除権限のあるユーザー(Adoministrator)で作業してください。

ここでは、Windows 2000の例を書いています。
他のOSの場合は、一部読み替える必要があります。

「C:\・・・」という表現がありますが、ドライブは実際の導入先に読み替えて下さい。

 1、 サービスの停止

  • Oracle・・・」のサービスで「開始」されているものがあれば全て停止させます。

スタートメニューより「設定/コントロールパネル/管理ツール/サービス」で実行

 2、レジストリの削除

  1. HKEY_CLASSES_ROOT の「Oracle・・・ORCL・・・」のオラクル関係のものを全て削除します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE の「ORACLE」を削除します。
  3. HKEY_LOCALMACHINE\SOFTWARE\ODBC\ODBCINST.INIOracle ODBC Driverがあれば削除します。
  4. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentContralSet\Services の「Oracle・・・」のもを全て削除します。
  5. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentContralSet\Services\EventLog\Application の「Oracle・・・」のもを全て削除します。
  6. HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE の「Oracle・・・ORCL・・・」のオラクル関係のものを全て削除します。
  7. HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\ODBC\ODBCINST.INIOracle ODBC Driverがあれば削除します。

コマンドプロンプトより「Regedit」でレジストリエディタが実行できます。
NTの場合は、「Regedit32」

 3、パスの削除

  • Oracle関係のパスを全て削除します。
    「C:\ORACLE\ORA81\BIN;C:\Program Files\ORACLE\JRE\1.1.7\BIN」などがこれにあたります。

スタートメニューより「設定/コントロールパネル/システム/詳細/環境変数」で変更します。
Windows95,98などは「Autoexec.bat」 にPathが設定されています。

 4、アイコンの削除

  • C:\WINNT\Profile\All Users\Start Menu\Programs の「Oracle-???」、「Oracle Installation Products」 を削除します。

???はオラクルホームの名前です。

 5、ファイルの削除

  • C:\Program Files\Oracle を削除します。
  • C:\Oracle などオラクルディレクトリを全て削除します。

 6、コンピュータの再起動



これで綺麗さっぱり消えましたね。^^

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up