DELETE

機能

テーブルのデータ行を削除します

文法

(1)
DELETE FROM
    テーブル
テーブルの全データを削除します。

(2)

DELETE FROM
    テーブル
WHERE
    条件
条件に該当するテーブルのデータを削除します。

WHERE 条件に該当するデータのみを更新したい場合に、WHEREに続けて条件式を記述します。

ここで紹介している文法は、代表的な使い方を抜粋したものです。 

解説

(1)
テーブル内の全件を削除します。

COMMIT(更新情報の反映)を実行するまでは、ROLLBACKすることによりDELETEする前の状態に戻すことができます。

テーブル内の全データを削除する場合は、TRUNCATE TABLEを実行することにより高速に削除を行えます。

但し、この命令で削除を行った場合は、ROLLBACKすることができません。

(2)

WHEREには、削除したいデータの条件を記述します。
列1が1のデータを削除したい場合はこのようになります。

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up