SQLの書き方

列名の書き方

列の参照は列名を書きます。
しかし SQLは複数のテーブルを同時に参照できるので同じ列名が存在すると、どのテーブルの列名なのか判断できなくなってしまいます。そこでそのような場合は列名にテーブル名ピリオド「.」で接続して記述します。

テーブル名.列名

予約語の書き方

SQLの予約語は、大文字小文字の区別はないのでどちらを使用しても構いません。
但し、単一引用符(’)で囲まれたリテラル文字列は別ですよ。^_^)

コメントの書き方

SQLは、文中のどこからでもコメントを書くことができます。
コメントは、 「/*」と「*/」で囲みます。

例:

又、行単位のコメントの場合は、「–」(ハイフン2つ)を使用することもできます。

例:

数値の書き方

小数点、符号、指数が使用できます。
数値として正しいものはそのまま記述できます。

例:

文字列の書き方

文字列を単一引用符(’)で囲みます。
文字列中に単一引用符(’)を書きたい場合は、単一引用符(’)を2つ続けます。

例:ice

例:ice’s

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up