TIMING【TIMI】

機能

経過時間を計測します。

文法

TIMING」は「TIMI」と省略して書くこともできます。

(1)
TIMINGタイマーの数を表示します。
(2)
TIMING START タイマー名タイマー名で経過時間計測を開始します。 連続してSTARTした場合は、ネストします。
(3)
TIMING SHOW現行のタイマー名と計測値を表示します。
(4)
TIMING STOP現行のタイマー名と計測値を表示しタイマーを停止します。
複数のタイマーが実行中の場合は、ネストの順に停止します。

※単一のタイマーで良い場合は、SET TIMING を利用することもできます。

解説

(1)
TIMING

‘1タイミング要素 が使用中です。’と表示されます。

※タイマーを1つ実行中の場合

(2)
TIMING START TM1

タイマー(’TM1’)をスタートします。

(3)
TIMING SHOW

現行タイマーの経過時間が表示されます。

経過: 00:00:05.88
(4)
TIMING STOP

現行タイマーの経過時間が表示され、タイマーは停止します。

経過: 00:05:346.68

    このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

    誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

    その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


    スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

    Scroll Up