SET

機能

システム変数を設定します。

文法

(1)
SET システム変数名 設定値 システム変数名 に 設定値 を設定します。

解説

(1)
SET AUTOCOMMIT ON

INSERT,DELETE,UPDATEなどの操作を行うと自動的にコッミトが発行されます。
デフォルトの設定は、OFF です。

※OFFの場合、更新を反映するには COMMIT をタイプします。


SET AUTOPRINT ON

バインド変数が自動出力されます。
デフォルトの設定は、OFF です。

※表示される内容は、PRINT と同じです。


SET AUTOTRACE ON

実行したSQLの実行統計、実行パスを出力します。
デフォルトの設定は、OFF です。

※出力された内容を理解するには、EXPLAIN PLAN や
その他チューニングに関する理解を深める必要があります。

SET ECHO ON

STARTコマンド実行時に、そのコマンドをリスト表示します。
デフォルトの設定は、OFF です。


SET EDITFILE ファイル名

EDIT用のデフォルトファイルを設定します。
デフォルトの設定は、”AFIEDT.BUF”です。


SET LINESIZE 文字数

1行に表示する文字数を設定します。
デフォルトの設定は、80です。


SET NULL 文字列

NULL値を表す文字列を指定します。


SET PAGESIZE 行数

1ページの行数を指定します。
デフォルトの設定は、24です。

※ページ毎にヘッダー等が出力されますが、0にすると一切表示されなくなります。


SET PAUSE ON

ページ毎に一時停止します。
[Enter]を押すことにより再開します。
デフォルトの設定は、OFF です。


SET SERVEROUTPUT ON

PL/SQLからの出力(BMS_OUTPUT.PUT_LINE)を表示します。
デフォルトの設定は、OFF です。


SET SUFFIX 拡張子

SQL*Plusが参照するデフォルトの拡張子を設定します。
デフォルトの設定は、”SQL” です。


SET TERMOUT OFF

コマンドファイルからの出力を抑制します。
デフォルトの設定は、ON です。


SET TIME ON

プロンプトに現在時刻を表示します。
デフォルトの設定は、OFF です。


SET TIMING ON

コマンドなどの実行時間経過を表示します。
デフォルトの設定は、OFF です。

※複数の時間経過を計測するには、TIMINGを使用します。

SET WRAP OFF

表示結果が1行に収まらない場合切り捨てます。
デフォルトの設定は、ON です。

    このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

    誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

    その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


    スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

    Scroll Up