EDIT【ED】

機能

エディタを起動し、バッファを編集可能にします

文法

EDIT」は「ED」と省略して書くこともできます。

(1)
EDIT テキストエディターを起動すると共にバッファの内容を開きます。
(2)
EDIT ファイル名 テキストエディターを起動すると共にファイル名 を開きます。

解説

(1)
エディタが起動し、バッファの内容が表示されます。
エディタを終了させると修正した内容がバッファに反映されます。

※バッファの内容は、”AFIEDT.BUF”というファイルを仲介し、エディタに表示されます。
このファイルは”EDITFILE”変数を変更する事により別のファイルを設定することもできます。

EDを実行すると ばふばふ.BUF というファイルが開きます。

(2)

エディタが起動し、c:\test\test.sqlが開きます。
(修正した内容は保存しないと反映されません)

※デフォルトのエディタはメモ帳(NOTEPAD)になっていますが、
_EDITORE変数を変更することによって使い慣れたエディタを
使用することもできます。

例えば、

とすると、EDを実行するとSqliceが起動する様になります。

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up