@@

機能

ネストされたコマンドファイルを実行します。

文法

(1)
@@コマンドファイル コマンドファイル を実行します。
(2)
@@コマンドファイル 引数1 引数2 ・・・ コマンドファイル を実行します。
引数1 引数2 ・・・はコマンドファイルに引数として引き渡されます。

・コマンドファイルは、デフォルトディレクトリのものが実行されます。
デフォルトディレクトリに存在しない場合は、システム依存ディレクトリを検索して実行します。

・コールしているコマンドファイルは、実行しているコマンドファイルと同じパスのものが実行されます。

・コマンドファイルの拡張子がデフォルト(SQL)の場合は省略できます。
(デフォルトの拡張子は、SUFFIX変数を操作することにより変更できます)

解説

(1)
‘SAMPLE.SQL’を実行します。
(2)
‘Ice’と’Probe’を引数にして’SAMPLE.SQL’を実行します。

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up