SQL*Plusコマンド

コマンドは、【】内文字に省略できます。

重要度
コマンド
説明
@コマンドファイルを実行
@@ネストされたコマンドファイルを実行
/バッファ内のコマンドを実行
ACCEPT【ACC】入力を受け取る
APPEND【A】バッファ内のカレント行にテキストを追加
ARCHIVELOG【ARCHIVE】アーカイブログの制御
ATRIBUTE列の表示属性を表示/設定
BREAK【BRE】レポートの終わり
BTITLE【BTI】レポート下部タイトル
CHANGE【C】文字列の置換
CLEAR設定のリセット
COLUMN【COL】列表示属性の制御
COMPUTE【COMP】計算
CONNECT【CONN】オラクルに接続
COPYデータのコピー
DEFINE【DEF】ユーザー変数の設定
DELバッファ内の行を削除
DESCRIBE【DESC】列定義の表示
DISCONNECT【DISC】オラクルを切断
EDIT【ED】エディタを起動しバッファを編集
EXECUTE【EXEC】PL/SQLを実行
EXITSql*Plusを終了
GETファイルをバッファにロード
HELPSql*Plusヘルプを表示
HOST【HO】ホストコマンドを実行
INPUT【I】バッファ内のカレント行の次行にテキストを追加
LIST【L】バッファ内のリストを表示
PASSWORD【PASSW】パスワード入力時のエコーを設定
PAUSE【PAU】文字を表示し一時停止
PRINT【PRI】バインド変数の値を表示
PROMPT【PRO】文字を表示
QUITSql*Plusを終了(EXITのシノニムです)
RECOVERメディアの回復
REMARK【REM】コメント
REPFOOTER【REPF】レポートフッターを制御
REPHEADER【REPH】レポートヘッダーを制御
RUN【R】バッファ内のコマンドを実行(内容表示される)
SAVE【SAV】バッファの内容をファイルに保存
SETシステム変数の設定
SHOW【SHO】システム変数、環境設定値の表示
SHUTDOWNインスタンスの停止
SPOOL【SPO】出力情報をファイルに保存
START【STA】コマンドファイルの実行
STARTUPインスタンスの起動
STORE環境設定値をファイルに保存
TIMING【TIMI】経過時間の計測
TTITLE【TTI】レポートタイトル
UNDEFINE【UNDEF】ユーザー変数の削除
VARIABLE【VAR】バインド変数の宣言
WHENEVER OSERROROSでエラー発生時はSql*Plusを終了
WHENEVER SQLERRORSQL、PL/SQLでエラー発生時はSql*Plusを終了

    このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

    誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

    その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


    スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

    Scroll Up