SUBSTR

機能

文字列の一部を返します

文法

(1)
SUBSTR(文字列 , 開始位置 ) 文字列 の開始位置 から後ろの文字を返します。

(2)

SUBSTR(文字列 , 開始位置 , 文字数 ) 文字列 の開始位置 から文字数分の文字を返します。

開始位置は、文字数で指定します。

解説

(1)
‘CD’を返します。


‘EF’を返します。
(2)
‘EF’を返します。

バイト数で指定する場合は、SUBSTRBを使用します。

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up