AVG

機能

平均値を戻します

文法

(1)
AVG(数値項目 ) 数値項目 の平均値を返します。
(2)
AVG( ALL 数値項目 ) 数値項目 の平均値を返します。
(3)
AVG( DISTINCT 数値項目 ) 重複している数値項目 を排除し、その平均値を返します。

解説

(1)
テーブル1の数値項目の平均値を返します。

(2)のALLを省略した書き方です。

(2)
テーブル1の数値項目の平均値を返します。
(3)
重複している数値項目の値を除いて、残った数値項目の平均値を返します。

GROUP BY
キー項目毎に平均値を求めます。
テーブル1のキー項目別に数値項目の平均値を返します。

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up