単純比較条件!=

SQLで、!= は比較条件に使われます。

下記のいづれの表記でも意味は同じです。
<>
!=
^=

例:

項目1が10以外のデータを対象にします。

なお、NULL値は特別で比較演算子を使って比較はできません。
NULL値かを判断するにはISを使って比較します。

例:列1がNULL

例:列1がNULLではない

NOT IS NULL と書いてしまう人が多いようですが文法エラーになります。

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up