INSERT

機能

テーブルにデータ行を追加します

文法

(1)
INSERT INTO
    テーブル
VALUES
(
値,・・・)
テーブルにデータを追加します。

(2)

INSERT INTO
    テーブル列,・・・
VALUES
(
値,・・・)
特定の列にだけ値をセットしてテーブルにデータを追加します。
(3)
INSERT INTO
    テーブル
サブクエリー
サブクエリーで取得した結果をテーブルに追加します。

ここで紹介している文法は、代表的な使い方を抜粋したものです。 

解説

(1)
INSERT INTO
    テーブル
VALUES
    (値,・・・)

全列の値をセットしてデータを追加します。

「値,・・・」
には、テーブルに定義されている列順に全ての値を記述しなければなりません。
例えば、テーブル1の列定義が列1、列2、列3であった場合はこんな感じです。

INSERT INTO
    テーブル1
VALUES
    ('IceProbe',2001,NULL)

(2)

INSERT INTO
    テーブル(列,・・・)
VALUES
    (値,・・・)

「列,・・・」には、値をセットしたいする列を記述します。
「値,・・・」には、列,・・・」に対応する値を記述します。
指定されていない列には、自動的にデフォルト値がセットされます。
設定を変更していなければデフォルト値は
NULLになります。
デフォルト値の変更はデータベース側で行うものなので利用者は変更できません。
(1)の例を書き換えるとこの様になります。

INSERT INTO
    テーブル1(列1,列2)
VALUES
    ('IceProbe',2001)
(3)
INSERT INTO
    テーブル
サブクエリー

サブクエリーINSERTしたいデータを取得するSELECT文を記述することにより一括してデータを追加することができます。
SELECTする列とINSERTするテーブルの列は一致していなければなりません。列さえ一致すれば(2)のように特定の列でも構いません。
例えばこのようになります。

INSERT INTO
    テーブル1(列1,列2)
SELECT
    列10,列11
FROM
    テーブル2

    このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

    誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

    その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


    スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

    Scroll Up