ROWID

機能

データ行のアドレスを参照します。
高速にデータを参照することができます。

文法

(1)
ROWID データ行を指し示す擬似列の型です。

解説

(1)
ROWIDは、データ行の位置を表すアドレスであって、 テーブルに定義できる型ではありません
このアドレスはテーブルの列(擬似列)として参照できます。
これは簡単に言うと行番号のような存在ですが、行番号は相対的な位置なのでデータ更新によって保証されませんが、ROWIDは固有のアドレスを保持しているので変化することはありません。
このROWIDを使ってデータ参照を行うと非常に高速に動作します。

取得するデータの位置を知るにはROWNUMを使用します。

このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

Scroll Up