データ型

旧バージョンでも使用できる代表的なデータ型です。

データ範囲は、バージョンによって大きく違うものがあるので参考程度にご覧ください。

重要度
データ範囲
説明
CHAR2000バイト固定長の文字列を格納するのに使います。
入力された内容が定義されたサイズに満たない場合は自動的に空白で埋められます。
よって記憶領域は常に定義されたサイズ分消費されます。
VARCHAR24000バイト可変長の文字列を格納するのに使います。
記憶領域は実際に入力された内容分だけが消費されます。
住所などの可変長情報はこの型で定義します。
LONG2ギガバイト可変長の文字列を格納するのに使います。
色々と制限があるので4000バイト以下ならVARCHAR2を使いましょう。
NUMBER38桁数値を格納します。
型は1種類ですが定義方法で、整数、不動小数、固定小数など自由に定義できます。
DATE紀元前4712年1月1日~西暦9999年12月31日まで日付を格納するのみ使います。
ユリウス日が使用されています。
又制度は秒まで扱うことができます。
RAW2000バイト可変長のバイナリーデータです。
(BLOB,CLOB,BFILEの方が高速に動作します)
LONG RAW2ギガバイト可変長のバイナリーデータです。
色々と制限があるので2000バイト以下ならAWを使いましょう。
(BLOB,CLOB,BFILEの方が高速に動作)
BLOB4ギガバイトバイナリデータです。
色々と制限があるので他の型で扱えない大きなデータの場合だけ使用します。
CLOB4ギガバイトシングルバイト文字データです。
色々と制限があるので他の型で扱えない大きなデータの場合だけ使用します。
BFILE4ギガバイト外部ファイルに格納されるバイナリデータです。
ROWID10バイト又は6バイト物理アドレスを表すバイナリデータです。
UROWID4000バイト行アドレスタイプを表すバイナリデータです。

    このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

    誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

    その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


    スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

    Scroll Up