VBA(Excel,Word,Accessなど)からSeleniumを利用可能にする

Seleniumの公式ページでも触れられているように、Seleniumの言語バインディングとして、Ruby,Java,Python,C#,JavaScriptが上げられています。
ここIceProbeでもPythonからSeleniumを使用することを主としています。

しかしVBAからSeleniumを使用する方法が無い訳ではなく、
Selenium BASIC というものを実行環境にインストールすれば、SeleniumがVBAから利用可能な状態になります。

なおOSはWindows、Seleniumで制御するウェブブラウザは、最新版のChromeとします。

以下はその手順です。

https://github.com/florentbr/SeleniumBasic/releases/tag/v2.0.9.0

こちらのサイトから、SeleniumBasic-2.0.9.0.exe をダウンロードして実行します。
バージョンは2016年で止まっていますが、今後更新された場合は最新バージョンでよいと思います。

インストール中の画面は省略しますが、内容は以下のような感じです。


なおインストール先は下記になります。

C:\Users\自分のユーザー名\AppData\Local\SeleniumBasic

先ほど更新が止まっているといいましたが、
インストーラーに同梱されているChromeDriverは、最新のChromeとバージョンが一致しないため、このままではエラーを引き起こします。
よって最新のChromeDriverをダウンロードして上書きする必要があります。

以下その手順です。

http://chromedriver.chromium.org/downloads

こちらから最新のChromeDriverをダウンロードします。
※厳密には、実行環境にあるChromeのバージョンに適合するChromeDriverです。


リンクをたどるとこのようにOSごとのChromeDriverが用意されているので、
該当するものをダウンロードしてください。


今回の目的は、VBA用なのでOSにはWindowsを使用しているはずですから、
chromedriver_win32.zip というファイルがそれという事になります。


解凍すると、chromedriver.exeが出てきます。

これを先ほどのインストール先に上書きします。

C:\Users\自分のユーザー名\AppData\Local\SeleniumBasic

これで環境はできましたが、まだOfficeアプリ側の設定が残っています。
以下は代表例としてExcel 2007を使って説明します。

設定は、Excelを起動し開発タブから設定を行います。
もしまだ開発タブが表示されていないなら「Excelのオプション」から追加できるので追加してください。


ツール/参照設定より、Selenium Type Library にチェックを入れます。

以上で完了です。

準備は整いましたのでコードを書けばすぐに実行できます。

シェアする

    このページに関して管理人にメッセージを送ることができます。

    誤字脱字など些細な事でも構いませんのでお知らせ頂けると幸いです。

    その他のお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。


    スパムメール対策のクイズです。正解した場合のみ送信できます。

    Scroll Up